ランゲ&ゾーネの親会社は?企業構造を解説

ランゲ&ゾーネ スーパーコピーの親会社とは?

ランゲ&ゾーネは、スイスの高級時計メーカーであるリシュモングループの傘下企業です。リシュモングループは、カルティエ、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタンなど、他の高級時計ブランドも傘下に持つ大規模なラグジュアリーグループです。

リシュモングループの企業構造

リシュモングループは、以下の3つの部門で構成されています。

ジュエリー・宝飾品部門:カルティエ、ピアジェ、ヴァン クリーフ&アーペルなどのジュエリーブランドを擁しています。
時計部門:ランゲ&ゾーネ、ヴァシュロン・コンスタンタン、IWCシャフハウゼンなどの高級時計ブランドを擁しています。
その他部門:ファッション、レザーグッズ、筆記具などの他のラグジュアリー製品を取り扱うブランドを擁しています。

この構造により、リシュモングループはさまざまな顧客層にアピールし、ラグジュアリー市場のさまざまなセグメントをターゲットにすることができます。

ランゲ&ゾーネのルーツとリシュモンへの参入

ランゲ&ゾーネは1845年にドイツで設立されました。同社は、手作業で製造された高品質の時計で知られています。2000年、リシュモングループはランゲ&ゾーネを買収しました。この買収により、リシュモンは時計部門にさらに強固な基盤を築くことができました。

ランゲ&ゾーネは、リシュモン 傘下でも独自のアイデンティティとブランド価値を維持しています。同社は、ドイツの時計製造の伝統とスイスの革新性を融合し、世界で最も人気のある高級時計ブランドの1つとなっています。

リシュモングループの傘下企業としてのメリット


リシュモングループの傘下に入ることで、ランゲ&ゾーネは以下のようなメリットを得ています。

リソースへのアクセス:リシュモンは、研究開発、製造、流通において、大規模なリソースを有しています。これにより、ランゲ&ゾーネは、革新的な製品を開発し、より効率的に運営することができます。
グローバルな展開:リシュモンは、世界各国に流通ネットワークを有しています。これにより、ランゲ&ゾーネは、より多くの顧客にリーチし、グローバルなプレゼンスを拡大することができます。
ブランドの認知向上:リシュモングループの一員となることで、ランゲ&ゾーネは、より広い認知度を得ることができます。リシュモンは、広告、マーケティング、広報活動を通じて、ブランドを宣伝しています。

結論

ランゲ&ゾーネは、リシュモングループの傘下企業です。この関係により、ランゲ&ゾーネは、業界をリードするリソース、グローバルな展開、ブランドの認知向上へのアクセスを得ています。リシュモングループの傘下に入ることで、ランゲ&ゾーネは、今後も世界で最も有名な高級時計ブランドの1つとして輝き続けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です